◆ラグジュアリーな輝く素肌をつくる本格リペアオイル

スキンケアの時にオイルをプラスして肌のお手入れを丁寧にする方の素肌は、本当に柔らかい感じが見てとれます。そしてその肌の質感は艶やかさも合わせ持つ“ラグジュアリーな”と言う形容詞が相応しい素肌もイメージできますね。

さてそんな肌作りをサポートする本格オイル状美容液がいよいよクレ・ド・ポー ボーテから10月21日に発売されます。

oil2

美容オイルはここ数年化粧品メーカーに限らずアロマオイルなどと同じようにある種トレンドになっています。化粧品業界に長くいるミルボーテの予測では、出ては消えを繰り返してきたオイル美容はそろそろ定着してくるのではないかと思います。ただし、オイルはその骨格はほとんどが「油」であることから品質が劣化しないような処方となんと言ってもテクスチャーが勝負です。また、オイルの目的は何を処方しているのかも重要なファクターになりますから、あまたあるオイルではありますが生き残れるブランドはどこなのか?その行方も気になるところです。

◆天然由来の独自の「リペアオイルコンプレックス(保湿)」を配合

クレ・ド・ポー ボーテの「リペアオイルコンプレックス(保湿)」は、モルティエレラ油、ローズヒップ油、コメ肺芽油、ツバキ油やその他植物系オイルを骨格としたオイルとなっています。
この中でも、注視したいのがモルティエレラ油です。

モルティエレラという糸状菌の一種から得られる油脂で、γーリノレン酸を多く含みます。γーリノレン酸にはエモリエント効果があり、メラニン生成抑制作用、ターンオーバー促進作用なども期待されます。

そしてローズヒップ油は、天然の美白成分と言われる「トランスレチノイン酸」を豊富に含んでいます。また、オレイン酸やγ―リノレン酸など皮膚細胞の再生力を高める成分なども含みます。また正常な皮膚の生理機能を促進する作用も高く素肌の健康を維持する油分として有名です。そういえばその昔フランスの大女優のカトリーヌドヌーブが60代で「世界で最も美しい女性10名」に選ばれた時のインタビューで“ローズヒップオイル”を使っていると発言したことから、当時日本でもちょっとしたブームになったものでした!私もその時にとても興味を持った記憶があります。

img_1774web2

クレ・ド・ポー ボーテのオイルにはその他コメ胚芽油やツバキ油など、実はγ―リノレン酸の恩恵を受ける処方になっていることに気が付きます。これは実は肌細胞の再生時やターンオーバー促進には重要な機能を発揮するのでどんどん取り入れたい成分ですが、オイル状美容液ですからそれはもうたっぷり肌に使いたいですね。

◆シャクヤクと蘭の絶妙な調香とテクスチャー

さて、・ド・ポー ボーテの香りがとても好きな方も多いと聞いていますが、今回のオイルの香りは芍薬(シャクヤク)や希少な蘭などを調香した清々しく、それでいて華やかなイメージの香りです。手の平に一滴落としたとたん幸福な時間にほほ笑みたくなるほどの良い香りです。

使うステップもどこの順番につかってもOK!そして顔、からだ、髪など全身に使えて量もたっぷり入っています。全身に使えると言うことは伸びが良い必要があり、ただ伸びれば良いと言うものでもありません。伸びが良いものは大抵べたつきが残る場合が多いのがオイルですが、さすがに計算されている クレ・ド・ポー ボーテです。オイルに適度な弾力感がありながら肌に吸い付くようになじみながら伸びるのはさすがに クレ・ド・ポー ボーテの実力というところでしょうか!

それにしても クレ・ド・ポー ボーテがこんなに女子力の高いパッケージのオイルをだしてくるとは(笑)スポイドタイプなのもなにやら薬瓶のようなイメージで効果を期待せずしてなにを期待すると言うのでしょうかと言いたくなります^^

img_1828web

◆オイルの特性は肌を柔らかくすること

そもそもオイルは油分、それを肌に塗布して一定の時間を置いておくと肌は柔らかくなりそれを「エモリエント作用」といいます。これは油分が肌の上に油膜をはり角層の水分を逃がさないことと、実は角層のバリア機能を補修する効果がありそのことで肌が本来持つ柔軟性を取り戻すからなのです。
だから、皆さんの肌が柔らかくなったと感じたら、それはそもそもの肌のポテンシャルなのですから真剣に見極めましょう。

ただ、この柔らかくなる作用はオイルの特長にもよりますので全てとはいえませんが、クレ・ド・ポー ボーテのオイル成分はバリア機能の補修効果がかなり期待できますので使い始めると肌が柔らかくなるのを比較的早く実感でき持続も期待できるでしょう。個人的にはこれからの乾燥しやすい時期には欠かせないパートナーとなりそうな予感がします。

◆進化し続ける クレ・ド・ポー ボーテ

p1110468web2

クレ・ド・ポー ボーテはこれまで少し生真面目で重厚な クレ・ド・ポー ボーテというイメージがありましたが、ここのところの クレ・ド・ポー ボーテは化粧品らしく華やかさや楽しさ、そしてアーティスティクな面や遊び心も付加しワクワクときめく心も刺激しながら進化を続けています。
サイエンスやテクノロジーだけのハード面の進化だけではなくソフト面の進化もあってこその本物のコスメブランドと言えますが、 クレ・ド・ポー ボーテは益々面白くなってきて目が離せないブランドです。肌を大切にする人こそが使うのに相応しい クレ・ド・ポー ボーテのユイルレパラトゥリスこの冬使いこなしてみませんか?

クレ・ド・ポー ボーテwebサイトはコチラ