『リシェス』は本物かつ極上の情報を提供するラグジュアリーな雑誌

「ミルボーテ」を立ち上げたご挨拶状を送付した先の一つに、前職で大変お世話になったハースト婦人画報社がありました。
ハースト婦人画報社と言えば、25ans、婦人画報、リシェス、ELLEなど私の愛読書を発売している雑誌会社。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

ハースト婦人画報社とは、おかげ様で前職では取材されたりコラボイベントに出させていただいたりと、直接紙面にでる事も何度かありました。

それがまさか個人で立ち上げた『ミルボーテ』を記事に取り上げていただくことになろうとは努々思ってもいませんでした^^
お話をいただいた時には、もうビックリであの「リシェス」に・・・と。
その紙面のこだわりやクオリティーの高さを、直接仕事をさせていただいた時に知っているだけにただただ驚きました。
いいのだろうか?と(笑)

でもこれもこれを契機に『ミルボーテ』を育てよ!との天からのお告げと思い掲載をお引き受けしました。
そして、そのページは「Richess Times」BEAUTY。沢山のラグジュラリーコスメブランドの新製品が紹介されているページでした。

%e8%a1%a8%e7%b4%99

「リシェス」発売日に、早速購入した№17のページをめくる度に、相変わらず美しくため息のでるような色彩の鮮やかな各特集ページにしばし見とれ、辿り着いたp319
やはり感動ものでした。

img_1871web2

『ミルボーテ』のオフィスの写真と私をご紹介してくださっています。
これから来年にかけて個人さま向けメニューの本格稼働を目指していますが、この「リシェス」の記事に恥じないよう日々研鑽を重ねていきたいと強いモチベーションをいただいた出来事になりました。

末筆になりますが、このお力添えをいただいたハースト婦人画報社の皆さまに敬意と謝意を表したいと思います。ありがとうございました。

『ミルボーテ』松本千加子