◆2016 AUTAMN/WINTER コレクションはモダンアールデコの世界観?!

「ホリデー」と聞くと、ワクワク、ソワソワ、そして素敵な女性がニヤリと口角をあげて思惑する姿がスクリーンのワンシーンのように思い浮かび、心と脳が幸せホルモンで満たされそうな魅惑的な言葉ですね!

さて、今年も クレ・ド・ポー ボーテのホリデーコレクションが10月21日に発売になります。 そしてクレ・ド・ポー ボーテのメーキャッププロモーションは「虜にする人。」の第三弾となりいよいよ最終章となるようです。

img_2002web

◆時代をつくった文化の香りプンプンの『Les Annees Folles/レザネフォル』

2016年ホリデーコレクションのテーマは、1920年代の「【仏】Les Annees Folles/レザネフォル」。この時期パリは黄金期を迎え、時代をリードするコスモポリタンエリートやアーティストたちが「悦楽の華」の時代を謳歌していたとあります。

モンパルナスではピカソやコクトー、ローランサンやフジタらがカフェで新しい娯楽に酔いしれていた時代。 調べてみると、社会や芸術および文化の力強さが強調されるものとして使われる言葉でした。

一方、コレクションの象徴的なパレットのパッケージとエンボスデザインを見て、すぐに思い浮かぶのがアールデコ。曲線的で有機的な模様のアールヌーヴォーの後に続いた、簡潔で直線的で、そして幾何学的な模様が特徴のアールデコ様式は1920~30年代の日本の建築でも沢山採用されています。新宿伊勢丹本館や白金の旧朝香邸(現東京都庭園美術館)がまさにアールデコ様式の建築とインテリアだったことが思い出されます。

今回のパッケージは、大胆にも「女性」が描かれていて、どこかノスタルジックでアーティスティック。作者を聞いて納得しました。

%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%bc

◆パッケージ作者はアシェリー・ロングショア/Ashley Longshore

エレガントにポップカルチャーを描く作風で世界のセレブのファンが多い現代美術の米国人アーティスト。米国ビジネス雑誌「Fast Company Magazine」が選ぶ“最もクリエイティブな人”の一人に選ばれた気鋭アーティスト。

アールデコからインスピレーションを受けたアシェリーの作品はグローバル雑誌の『ヴォーグ』や『エル』などで度々目にするほどよく特集されています。どおりでとても馴染みやすくどこかで目にした記憶も新しいと感じるのは私だけでしょうか。

アールデコのファションは、それまでのコルセットを脱ぎ捨て、髪は大胆なショート、ドレスの丈も短く開放的。アシェリーの描く「女性」は、この時代に翻弄されながらも自らの手で人生を選びとり時代を手にしていった女性をモチーフにゴージャスでエレガントに描かれていますが、手にするとアイカラーの完成度とともに、それはもう芸術作品のような趣さえ感じドキドキします。

img_1923web1
12000

%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88hp

コレクションに相応しい「パレットクルールジュー」は、どの色も クレ・ド・ポー ボーテのメーキャップクリエーター ルチアのアイデアが冴える洗練のカラー。それはもうため息が出るほど魅力的。普段使いからパーティーシーンまで十分楽しめるカラーたちは優雅な大人のオンナを演出してくれることでしょう。

◆魅惑の唇をつくる2種の「パレット型口紅」

個人的には久しぶりのパレット型の口紅の発売が数量限定といえども、とても嬉しい!しかもパッケージはカメリアとハミングバードが小粋で可愛い^^

%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88
%e5%8f%a3%e7%b4%85%ef%bc%91

%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%92
%e5%8f%a3%e7%b4%85%ef%bc%92

色もトレンドのレッド系とクラシカルなローズ系。レッド系はどうしても派手に感じる気がしますが、思い切ってつけて見ると肌の色は透明感が増したように見え不思議と時代の先端を行くモダンな顔だちに見える。これはトライしてみる価値ありと一人ほくそ笑む私です(笑)

◆熊野の職人が魂を込めてつくる「最高級品」のメーキャップブラシも登場

ハイプレステージブランドの クレ・ド・ポー ボーテですから、メーキャップブラシを発売すると聞いただけで、
それはもう期待しますよね。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7
%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

はい、期待どおり、いや期待を超えていました(笑)
日本一の化粧ブラシの産地、広島県熊野町の職人さんがつくるブラシと言えばその品質は世界的にも有名です。

今回のブラシセットは、まるで孔雀の羽先を肌にあてたような再現性の高いブラシと紅筆を除いたブラシは毛先の成型やカット、ハンドルは天然木を1本1本1旋盤で削った後手作業で塗装まで仕上げた贅沢を極めた洗練のブラシです。

特筆すべきは、アイシャドー用(M)が珍しい丸筆であること。上質な丸筆は探しても手に入りにくいので“ルチア”が絶賛したらしいですが、ミルボーテもこれは一押しです。まぶたがあつい私をはじめ日本人のまぶたにアイカラーがのせやすいですよ^^

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7%e2%85%a1

この筆1本でも価値があると思いますが、5本セットの数量限定なのでメーキャップが上手くなりたい方はなるべく早めにゲットした方が良いかと思います。

今年の天候は落ち着かない日々が続いていますが、それでも季節はファッションが楽しめる秋から冬へと着実に変わってくる気配です。ファションのおしゃれと同時にメーキャップの準備もホリデーに向かってぬかりの無いようにしてくださいね。もう一度確認です。
今回ご紹介している クレ・ド・ポー ボーテの「ホリデーコレクション」は全て10月21日から数量限定で発売です^^/