2017年7月21日に発売の クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルnはまったく新しい質感の口紅です!

今年の クレ・ド・ポー ボーテのメーキャップは「Chinoiserie Chic!~美は細部に宿る」が
クリエーションテーマです。

シノワズリという響きは、ファション業界でも繰り返し使われてきたテーマで、アジアの複雑でいて繊細な
美意識が生み出した装飾物や工芸品、調度品などにいまだに魅了される世界も多く、デザイナーや
クリエーターたちも絶えず刺激をもらっているようです。

国立美術博物館jpg

クレ・ド・ポー ボーテの今年の秋冬のコレクションの発表会は上野の東京国立博物館は表慶館で
行われたことは、レポートの№1で記事にしました。

シノワズリに刺激を得たルージュアレーブルnのイメージを具体的な装飾とともにお披露目された
ことを昨日のように覚えていますが、引き付けられる魅力的な色調の数々に早くつけてみたいと思った
ものでした。

会場では、そのイメージの展開のあとモデルをとおして、メーキャップイメージがメーキャップ
アーティストの大久保氏の手によって仕上げられ披露されました。

ショー

今シーズンの クレ・ド・ポー ボーテがイメージする女性像は、豊かな魅力を内に秘めた神秘的な
女性です。

一見、クールな表情の中に強さや脆さ、情熱などさまざまな表情をもっています。
そして、その多面性を自分自身も楽しんでしまう余裕とチャレンジ精神を持っています。今シーズン
は、このキャラクターを洗練されたミニマムなメーキャップで表現します。

名称未設定-6

肌は、まるで陶器のようにすみずみまできめ細やかな肌、すっきりとした眼差しはアイラインで潔く
存在感を出して表現します。

名称未設定-5

そして、口元こそ主役!
ルージュの色を差し替えるだけでシックにもコケティッシュにも変化して、新しい美しさが内面から
次々とあふれだします。

とモデルの顔をしげしげと眺めている内に、やはり早く口びるにつけてみたい衝動にかられながら
次の会場へと移動したのでした。

ルージュアレーブルnはパッケージも刷新

スライド7

それまでのルージュアレーブルは、多面体のフォルムでかなりボリュームがあるタイプでしたが、
新しいデザインに生れかわりました。

感性品質とクラフトマンシップで実現されたパッケージのコンセプトは「美しくありたいと願う
全ての女性を讃えるルージュ・オブ・ルージュ」を実現しています。

パッケージは、よりスリムにシンプルに!

手にもった時の品質の本物感のクオリティーの高さは、むしろ クレ・ド・ポー ボーテの本質を
十二分に表しているようで安堵感があります。

それもそのはずで、金属の質感は高貴人が持つようなペンをしまう入れ物のようなイメージで、
なんとも言えない高級感が漂います。

それもそのはずと感じたのが、金属の表面処理はダイヤカット、刻印の美しさも逸品に相応しい
つくりで仕上がっています。

この質感は手に取るとかけがえのない宝物のような、そんな女ごころを十分満たしてくれるに違
いないと感じました!

そして、なにより今回紅型も新しい形になりましたが、口紅の質感そのままにこれまでにみた事
のない美しい紅型になりました。

こういうところが日本の、いや資生堂のならではのこだわりの洗練さとモダンのセンスの良さが
たまらなく素敵んだなと思います。

唇をはずむように生きいきと見せながら、肌まで美しい印象に見せるラギュジュアリー
ルージュ

それでは、ルージュアレーブルnの色調の全てをイメージとともにお披露目いたしますね!

 クレ・ド・ポー ボーテルージュアレーブルn

 クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn2

 クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn3

 クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn4

 クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn5

 クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn6

いかがでしょうか?
とても魅力的な色が沢山ありますね!

クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルnは、只今全国の クレ・ド・ポー ボーテカウンターで
絶賛発売中です。

そうそうGINNZA SIXの中の クレ・ド・ポー ボーテショップには、限定カラーもあるそうですよ!

写真向かって右の色です!

P1130315ブログ

ぜひ店頭で手にとって、唇にお試しくださいね。

webサイト  クレ・ド・ポー ボーテHP