「脳と腸」の健康が若々しさと美しさを実現する?!

この4月21日に資生堂から「美と健康」のための期待のサプリメントが発売されました。発売されたのは、健康補助食品3品種、機能性表示食品2品種です。
実はこのN.O.Uブラン筆者はコンサルとして一部プロジェク参画していたことから商品のと特長を開発の視点からもお伝えできればと思います。

NOUサプリ 新サプリ

ブランドのネーミングが「脳」をイメージする「N.O.U」という非常に象徴的なネーミングとなっていますが、まさにこのブランドのコンセプトとなる「脳腸相関」の働きと身体の健康に着目した健康をサポートするサプリメントを想起できる、ならではのネーミングです。
ちなみにN.O.Uとは、Nutrition of Optimal Utility=適切な有用性のある栄養の略号です。

資生堂のサプリメントと言えばザ・コラーゲンが高い評価でコラーゲン市場をけん引しているのをご存じの方も多いことと思いますが、筆者が資生堂で現役のころから美の実現は健康あってのものと健補助食品は長きに渡り研究開発をして多くのヒット商品も排出しています。

つまり、美しさは健康だから本来の美しさが実現することを、スーパーフードの摂取などの話題とともに今や世界中の女性が知っていてその事を実践している方々も多いですね。

「N.O.U」は冒頭に記したように「脳腸相関」の働きに着目したサプリメントですが、美を追求する女性の認知が高いのが、「腸活」に代表される「腸」の健康を保つことで「美容」も叶えるといった最近の健康生活の高まりの先にあるヘルシー生活を支える効果的なサプリメントなので、「N.O.U」はこの時代において非常に期待できるブランドと言えるでしょう。

美を叶える最新の研究知見は「脳腸相関」

まずは、「N.O.U」ブランドで筆者一押しのお勧めが、
N.O.U ザ・サプリです。

ザサプリ

ちなみに「脳腸相関」とは、生物にとって重要な器官である脳と腸がお互いに密接に影響を及ぼしあう状態のこと。

この脳腸相関は最近大きな研究機関が研究を重ねており、実はこの関係を身体で実感した経験のある方や聞いたことのある方も多くいるのではないかと思います。

例えば、自分の嫌な場所に行く時に電車の中で急に腹痛が起きるなど、腸の病気の発生が原因ではなく嫌だと思った緊張が脳からのサインが出て腸に刺激を与えることなどがその関係に当たるそうですが、また逆もあり腸の環境が便秘続きなど非常事態にあることで脳が悪影響を帯びてしまい本来の機能が発揮できないなど、腸には免疫機能や神経が集中しておりこの「脳腸相関」の関係は身体に好悪影響を及ぼす健康にとっては重要なファクターになっているようです。

その「脳腸相関」を積極的に調整サポートするために開発されたのがザ・サプリなのです。

ノウ発表会

このザ・サプリがなぜ一押しかと言うと、40代からの女性のために開発されたサプリメントで「脳と腸」を同時にサポートするサプリは筆者が探した限りでは現在世の中に存在しないサプリメントだからです。

特徴的な成分として他には無い高純度のDHAの配合とイチョウ葉エキスの同配合。この同時配合は現在このザ・サプリだけで、一般的に青魚から摂るDHAもマグロ100%から摂る高純度のDHAへの期待とともに今世界的に注目されているイチョウ葉エキスともう一つ整腸作用のあるラクチュロースまで処方されているのは言うまでもなく加齢への挑戦とでもいうべきサプリメントだということが分かります。

これまでさまざまなサプリメントを試している筆者は、現在摂取しているサプリの効果を高めるためる作用が期待できるこのザ・サプリを早速味方に付けたいと思います。

老化防止、ボケ防止などDHAの作用に興味があったものの多少の抵抗感があったのも否めないのが本当の気持ちですが、こんなおしゃれなパッケージのサプリなら気兼ねなく買い求めできるのも大きな魅力です。

詳細はコチラ 

積極的に腸内環境を整える最も手軽で効果的なサプリも登場

フローライザー

N.O.Uサプリ フローライザーは、現代女性の多くが抱える腸の悩みの改善をサポートするサプリです。 健康キーワードで「ビフィズス菌」は今では大手食品メーカーが発信する信頼できる細菌の一つですね。

でもあまりにも当たり前のように連呼されることで、そのありがたみも今一分かりにくくなっているのではないかと思います。

特にビフィズス菌と乳酸菌は良く比較されますが、その特徴の違いは簡単に言うと同じ善玉菌で乳酸菌はビフィズス菌をつくり出す作用があり、腸だけでは無く身体のいたるところにあって、腸内でも数は1~10億個、ちなみに乳酸菌のR1は免疫機能を整える機能の菌です。
一方ビフィズス菌は、酸素に弱いことから大腸にのみ住むことができる菌で、主にオリゴ糖を分解し産生されて1~10兆個あるといわれています。

ヒトの腸にもっとも多くあるべきビフィズス菌は、ただ多くあれば良いという分けではなく腸の細菌は善玉菌、悪玉菌、どちらにも変化する日和見菌の3種の割合バランスで整えられています。

一言で、腸の環境が良いとはその善玉菌のビフィズス菌が活発に働く状態にあること、それは常に悪玉菌と戦う活力のある菌であることが重要です。

それには、できるだけビフィズス菌が自然に増える食生活を心掛ける必要がりますが、中々理想とする食生活ができることは難しいのが現実と言う方には、直接大腸に生きたまま届くサプリ フローライザーに処方されている高濃度ビフィズス菌BB536-EXが最も信頼できるビフィズス菌だと思います。

ビフィズス菌bb536

筆者は手軽に摂取できる、このヨーグルトのような味の粉末サプリがとても気に入りで日々腸内環境が整えられているのを実感しています。

機能性表示食品で注目の成分プロテオグリカンで元気に歩

グルコサミンとプロテオグリカン
加齢をすることで気になることの一つに、膝の痛みを訴える方が多いのも実情です。
筆者の年代になると益々増えてくる関節の痛みと言えば、多くの人が「グルコサミン」が良い作用をすると認知されています。

でもこれからは、プロテオグリカンが主流のなるのではないかと筆者はみています。
それは、グルコサミンは単体では作用は低くそれを助けるコンドロイチンと一緒に摂る必要があり現在市販されているサプリのほとんどはコンドロイチンと同処方されています。

またグルコサミンは摂取することでプロテオグリカンの生成を促してすり減ったり変形した軟骨を修復し痛みをやわらげています。
しかし、プロテオグリカンは糖タンパク質で、グルコサミンとコンドロイチンの両方が摂れ、直接的で速効的な作用が期待されています。

この発見がされ、近年ようやく量産法が確立されたことから今後はプロテオグリカンが主流になるのではと見ています。

資生堂がいち早くこのプロテオグリカンを取り入れローヤルゼリーなどをオリジナル処方したこのサプリ ジョイナーは早めの予防サプリとしても摂取できるのも魅力です。

鹿児島産熟成かめ出し黒酢で希少アミノ酸を摂る生活

ビネガー 酢ドリンク

アミノ酸が美容や健康に良いことは、多くの方がご存じだと思いますが、そのアミノ酸にも希少性の高いアミノ酸があることを資生堂と九州大学の共同研究で発見されました。

それは通常のアミノ酸はL体なのに対して、D体のアミノ酸の発見。しかもその作用は自立神経系やホルモン分泌に好作用するというDアミノ酸。

酸味も少なく飲みやすいさわやかな味なので、こちらも手軽に摂取したい飲料です。

魔法の美容茶はルイボスブレンドティー

ルイボス

ルイボスティーが日本で飲み始められたのは、つい最近ですね。近頃では著名なカフェでも供されるお茶です。

ルイボスは南アフリカ共和国でしか栽培できない希少な茶葉です。多くのフラボノイドを含み抗酸化作用が高いことでしられています。南アフリカの強い陽射しの中でも肌がキレイな人々が多くその秘密がルイボスであった発見がされていらい世界中で飲まれているお茶です。

資生堂はそのルイボスに長命草や繊維質を多く含むごぼう、また生薬のイチョウ葉をもオリジナル処方にしてお茶にしました。

苦味もなくさっぱりした飲み口で、ホットで水出しでものめるので年間をとおして美容のお茶として食事などと一緒に飲めるのも嬉しい限りです。

健康を維持して楽しむこれからの時代は見た目の差が大きい

さて資生堂の新サプリメントをご紹介しましたが、これらのサプリはしかるべき資格をもった方に説明してもらったりアドバイスがあったりすると安心ですね。

このサプリは、通信販売やセルフで買うことにやや不安を覚える方々のために化粧品専門店での販売となっています。

ヘルシーアンケート

今の自分の身体の状態などを見極めながらサプリを上手く取り入れ今と将来の健康的な若さ、そして美を考えてヘルシーライフを過ごしてみるのはどうでしょうか?

詳しくコチラ